FC2ブログ
 
■FC2カウンター

■プロフィール

エル学

Author:エル学
(絵はひなたさんからのいただきもの)
やってる主なゲーム
(2017年5月時点)
・艦これ:リンガ(一応甲12)
・デレステ:中野有香P
・城プロ:たまに動画投稿します
・バンドリ:そこそこ
・花騎士:現在ログインのみ
・FEH:現在ログインのみ
・FF11:チャット専用

ツイッターはこちら

相互リンク、ブロ友歓迎
コメント等もお気軽に~

■カテゴリ
■最新コメント
■検索フォーム

■リンク
■ツイッター
【新たなる黒歴史】その⑤ お絵かき修行再開

どうもエル学です。

艦これに引き続き黒歴史シリーズのほうも久々にアップさせていただきます。
ちなみにバックナンバーに興味があるかたはこちらをどうぞ

というわけで、いつも通りヘタクソなイラストを見せられても気にならないかただけ続きをどうぞ~





<前回からの本日までの状況について>


前回のこのシリーズの更新から5か月も過ぎてしまいましたがその期間にどれほどの成果があったかといいますと、まぁタイトルからお察しいただけるかとは思いますが、

スイマセン、全然お絵かきの練習してませんでした;;

というのも夏ぐらいからこのシリーズを始めたそもそものキッカケである中野有香(通称押忍にゃん)というデレステのキャラの出番が突然に増えまして、ゲームイベントやら新曲やらネットにあがってるイラストや話題にしてる人達のツイッターとかを楽しむの必死になってたらいつのまにかこんな季節になってしまいました。。

まぁそんなこんなで充実した日々を過ごしていたのですが、やはり世に出回るイラストが増えたら増えたで「いつか自分が描いたイラストでこの輪にはいってみたいなぁ」なんていう欲求が出てきまして、折角始めた趣味なので再開しようとあいなった次第です。

厳密にいうと11月の半ばぐらいから1日20~30分程度でぼちぼちと再開してますので、実質的には4か月放置後に復帰して1っか月経過といたっところでしょうか。

なお、復帰以降は基本的にデジタルをベースにやっております。
もともと鉛筆とかのアナログでお絵かきした経験がほとんどないド素人だったおかげもあり割とすんなりデジタルの方に慣れることができたようです。

とはいえ、まぁもともと大して上達してない状態からの長いブランクは思いのほか重症で、覚えたことをほとんど一からやり直すぐらいの感じになりましたw

この一か月で描いたデジタルイラストもあることはあるのですがちょっとあまりにひどいのでここではモザイクでお茶を濁しておきます!

20171216_e_21.jpg 

うん、モザイクかけると人間ぽく見えるな


<リハビリの成果>


とりあえず現時点ではリハビリを終わらせまして7月に修行を中断した時ぐらいの画力には戻った気がするので、ここであらため前回同様デジタルで1枚完成させるまでの流れをご紹介させていただきます。

【注意事項】
このブログのイラストはネットからかき集めた情報を頼りに絵の知識のないド素人が独学で描いているものです。
これを見て「コイツが描けるなら自分にもできるかも」と興味をもっていただけるなら幸いですが、間違ってもこれを正しいやりかたと勘違いしてお手本にしないようにお願いします!



<比率に頼る>


20171216_e_01.jpg 

まずは基本に忠実に、このような図形を書きます。

度重なる修行により私のような下手くそがまともなイラストを描くために一番大事なのは比率を守ることだと理解しました。

とにもかくにも世間で一般的に正しいとされている比率で目、鼻、口、顔の輪郭を描けばほぼ間違いなく人間ぽい顔になるのです!


↓こんな感じで!(すでに若干怪しい)
20171216_e_02.jpg 


さらに首から下も適当に書いてまずは第一弾として最低限の下書きが完了です


20171216_e_03.jpg 





<ひたすら下書きを模索>


ここからは完全に我流

世間一般的には下書きをしゃしゃっと描いたらそこからペン入れをしゃしゃっとやっちゃうみたいですが、自分はそんなしゃしゃっと思い通りの下書きがかけないので、一旦描いた下書きを薄くして、別のレイヤーに新しく下書きをします。

※レイヤーというのはデジタル絵を描く際の透明の紙のようなもので、まぁようは下書きの上にサランラップを貼って、下の絵をなぞりながら新しい下書きを描く感じです

20171216_e_04.jpg 

こんな感じで、基本的はそのままなぞりつつちょっとへんだなと思ったところだけ直していくと、前の下書きより良くなったり悪くなったりします。

自分のように定まった絵柄もポリシーもない場合は下書きするたびに全然違う絵になりますが、これをくりかえすとたまに「お、これいいんじゃね?」ってのができるのでそうなるまで下書きを繰り返します(適当)


↓う~ん、いいようなよくないような・・

20171216_e_05.jpg 




↓ちょっとワイルドになった?(単に線が増えすぎてごちゃごちゃしてるだけ)
20171216_e_06.jpg 




↓頭部を一回り小さくしたらすっきりしたけど若干幼くなりすぎかも?
20171216_e_07.jpg 



↓お、これいいんじゃね?

20171216_e_08.jpg 



首から下も描いて下書き完成

20171216_e_09.jpg 


ちなみに現時点では首から下をかく知識も技術も皆無なので、それっぽいイラストをみつけてそのまま参考にしてます。
絵が下手なのでまるパクリしようとしても別の絵になるのでどれを参考にしても安心ですw



<ペン入れ>


下書きが終わったらペン入れです。

下書きは線を何重にも重ねてそれっぽく誤魔化せますが(マスクや髪で輪郭を隠すと美人にみえる理論)、色を塗るためには一本のシンプルな線にする必要があるため技術の程がおもいっきり露呈してしまうフェーズですね。

上手な人の線画をみると曲線や強弱をつけた描き方とか綺麗すぎて惚れ惚れしますねぇ

↓まぁ正直自分には難易度が高すぎるので現時点ではこのぐらいで諦めてます
20171216_e_10.jpg 


上手な人の完成品をひたすらトレースする作業が効果的らしいので、下書きがもっとそれなりにかけるようになったらそういう特訓も初めて見ようと思います。

↓こんなもんでしょう(明らかに線が下手だけど今の自分にはどうしようもない)
20171216_e_11.jpg 




<べた塗り>


色塗りも独学、見様見真似でやってます。


まずは各部位を単色塗り
20171216_e_12.jpg 



色は公式イラストのこれ([ファイティングチアー]中野有香 特訓前)を参考にします。

20171216_e_13.jpg 


パレットの色ってRGBを組み合わせて自分で配合するものだと思い込んでいたのですが、デジタルだとイラストの色がそのまま取れるので公式と同じ色を簡単に使えたりします。



<目>


続いて目を塗ってみます。

どうやら色の数だけレイヤーを作って塗るのが一般的なようなのでそれに倣ってみました。

20171216_e_14.jpg 

こうやってレイヤー一覧とかのスクショとると、凄くイラストやってる人ぽくていい!(素人っぽい感想)

ごちゃごちゃしてて一見面倒くさそうに見えますが、いろいろ冒険してぐだぐだになっても最悪そのレイヤーを消せば他の色には影響がないので慣れるとこのやりかたが楽ですね


↓うん、それっぽく目が塗れました(出来について深くツッコンではいけない)
20171216_e_15.jpg 



<肌>


↓肌に影と、頬の赤みをつけました。
20171216_e_16.jpg 


影は見様見真似の適当です。
こういうのってイラストの技術というよりは空間認識能力的?な知識が必要そうですよね、光がどの角度からあたってるから影がどうできる的な



<髪>


↓髪に影とテカリを付けました。
20171216_e_17.jpg 

これも見様見真似の適当

遠目に見るとそれっぽく見えるけど、じっくり見るといろいろ酷いですね。

肌塗りもそうですが、普段いかに自分がこういうことに無関心で生きてきたのかがわかりますねぇ。
正直見様見真似でそれっぽくは描けても、自分で頭を使って光や影を思い描くことが全くできないです;;

イラストって感覚的なイメージでしたが実際にやってみると思った以上に知識的な部分を要求されて戸惑いますw




<服>


↓シャツにチェック柄を描きます。
20171216_e_18.jpg 

もうちょっと丁寧にやればよかったかなと後悔してますが、描いてるときは早く完成させたい一心で浮足立ってたようです。


↓そしてマス目に色を付けていきます。
20171216_e_19.jpg 


公式イラストと同じ色で塗ってるのですごくそれっぽくなります

本当は服のシワとかも下書きの時点でちゃんと考慮して描かないとだめなんでしょうけど、その辺りは光影と同様でまだまだ知識も経験もたりないっすね。
今回はシャツの色が派手すぎるおかげでシワを書かなくてもとくに不自然に感じなくて助かりましたw



<完成>


↓最後に背景にそれっぽいグラデーションの色をつけて完成!!
20171216_e_20.jpg 


うん、ツッコミどころはいくらでもあるし、いろいろ邪道ぽいこともしてる気がするし、まだまだ人様に見せられる出来じゃじゃないのは百も承知ですが、自分にしてはかなり上出来だと思います!

ちょっと忘れてしまっている方は半年前のその①の酷いイラストを見返していただきたいw



というわけで、久々の黒歴史シリーズでしたが自分的には成長が垣間見れる感じで更なる希望が見えてまいりました。

とりあえず納期もクオリティーも求められずに自由にやる作業というのは思いのほか楽しいですね!(白目)

今後もよりよい中野有香が描けるように精進していきたいと思います。
それではまた次の黒歴史でお会いしましょう~




新たなる黒歴史 | 02:35:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad