FC2ブログ
 
■FC2カウンター

■プロフィール

エル学

Author:エル学
(絵はひなたさんからのいただきもの)
やってる主なゲーム
(2017年5月時点)
・艦これ:リンガ(一応甲12)
・デレステ:中野有香P
・城プロ:たまに動画投稿します
・バンドリ:そこそこ
・花騎士:現在ログインのみ
・FEH:現在ログインのみ
・FF11:チャット専用

ツイッターはこちら

相互リンク、ブロ友歓迎
コメント等もお気軽に~

■カテゴリ
■最新コメント
■検索フォーム

■リンク
■ツイッター
【戦術】水晶龍
水晶竜に学で参加してまいりました。

せっかくなのでこれを機に、水晶竜での学がなにをするのかをご紹介しようとおもいます。

※一応有効かなとおもいお役立ち情報として目次から飛べるようにしましたが、今後もっとよい戦略がみつかる可能性もありますので古い内容となってしまった場合ご容赦ください;;



私は水晶竜はそこまで数をこなしておらず、現在5戦3勝となっております。

ただし、負けたのは実装当初の2回で、その後は3回とも別の主催でしたが危なげなく勝てるようにはなっていますね。

最初は「こんなのどうやって勝つんだよ^^:」って思ったものですが、戦略が確立された今となってはスタンの操作をミスらないかぎり負ける要素がほとんどないところまできちゃってますねw

勝った3回はすべ違う主催だったのですが、学に求められた行動はほぼ同じでしたので、もう皆さんご存じかとはおもいますが一応ご紹介しておきます

結論からいうとVWの王道である「ごり押し戦法」ですw

水晶竜は闘うためには「だいじなものを」3つ用意する必要があり、ほかのVWのように連戦はできない仕様となっており、そのような戦闘で輝くのはオーラですw

全体の作戦としては
 ・吟のソウル、学のオーラ、コルセア、で前衛に超強化をほどこす
 ・侠者をのんでごり押す
 ・前半は魔法をスタンでとめる
 ・後半はWSも魔法も全部スタンでとめる
  (前半は侠者があればWSはほとんど無効化できるのですが後半はそうもいかないようです)
 ・敵の魔法のスタンに失敗するとトラップがわいてしまうため、それは素早く倒す
 ・弱点は3や5は狙えたら狙うが、前衛は基本的に削りを重視する

学の行動としては
 ・突入後に連環計(効果時間3分or3分30秒)をつかいアラ全員にオーラを配る
 ・出口で後半戦に突入するまで時間をとめる
 ・後半戦に突入したら敵のWS、魔法をスタンでとめる

以上となります。
 
 おおざっぱすぎるかとおもいますので、学の行動についてもう少し細かく説明していくと
  
 たいていの場合、前衛2PT、後衛1PTの構成で吟を2人起用し前衛の2PT間で詩人を入れ替えながら詩人二人分の歌をかけます
 学はこのタイミングで連環の計をつかい全員にオーラをすることになります。

 注意点
  ・AF2+2脚(オグメ付き)を持ってる場合、効果時間を延ばすために装備したうえで連環
計をつかう
  ・連環発動後は強化スキル装備にきがえてできるだけ高い強化スキルの状態でオーラをつかう
  ・オーラは女神、レイリは必須として、簡素、電光石火も使用すること
  (後ろの2つは必須ではないですがフルアラでかけるときは多分あったほうが効率がいいです)

 
 オーラが終われば出口を調べて時間をとめるわけですが(脱出しますか?といった選択肢がでてその間は自分に対してのタイマーがとまっているため連環計や各種強化の効果時間を延ばせます)、なぜ止めるかというと後半にスタンをする際に連環計中であれば疾風迅雷が使い放題となるため、この状態でスタナーとして活躍するためです
(後半がくる前に酷い状態になっていったん立て直すことになった場合にもオーラがかけなせるという利点もありますね、あまり考えたくない状況ですがw)


 注意点
  ・AF2足をもっている場合、このタイミングで自分に疾雷の陣をかけるのを忘れないようにし
ましょう
   (AF2足+雷天候で疾風迅雷をつかうとスタンのリキャストを大幅に短縮できます)
  ・後半になった際に素早くスタンをする必要があるため、下記の内容はすべて時間を止め
   る前におこないます
    ・スタン用のリキャスト短縮装備(FCやヘイスト等)に着替えておく
    ・黒グリにして疾風迅雷を使う
    ・ヘイストをもらう
    ・机上演習やテンポでMPを回復させる
    ・テンポの験者、賢者、侠者を使う

 時間をとめたあとは、ひたすら龍とログを凝視しつつ待つのみです(たぶん2分もかからないとおもいますがw)
 龍が翼を広げた場合、見た目でもすぐわかりますが、ログに「モンスターの雰囲気がかわった!」と出ますのでそこからがスタナーとしての学者の出番です。
 自分が担当するものをスタン、スタン、スタンです!

 注意点
  ・スタン実行後は必ず疾風迅雷をつかいましょう(これがないと時間をとめた意味がないですw)
  ・スタンでとめるべきものは、主催によって違うようです、私の場合3回とも違いましたので参考
   までに
    ①学者が2人いて、一人がWS、一人が魔法をとめる(私は魔法でした)
    ②前半から一貫して黒2が交互に魔法をスタンでとめて、学は後半のWSを全部とめる
    ③前半から黒3が一貫して順番に魔法もWSもとめて、学は後半のすべてをかぶってもいいのでとめる
  ・WSはエフェクトで赤くひかるため、光ったらスタンをうつようにすればまず失敗しないとおもいます
  ・魔法は分かりづらいです、私は最初エフェクトをみてましたが通常攻撃のエフェクトにだまさ
   れて1回ミスってしまたため2回目はログをみるようにしましたw
  ・わたしのときはありませんでしたが、ホーリーのように即時発動のものはもはやどうしようも
   ないようですのでわいたトラップを倒してもらうしかないですねw
  ・水晶龍は大きいうえに、見慣れていない敵であるため距離感が非常につかみづらいです
   ずっと待機した状態からいきなり後半にスタナーとして動く必要があるため、慣れるまでは
   距離感がつかめないまま撃つことになるかとおもいます。
   近づきすぎてスタンをミスった際のWSや魔法を食らうと危険ですが、届かなくてスタンが
   発動しないのはもっと危険だとおもうので、龍に魔法をうっている黒さんよりちょっと手前
   にぐらいでうつのがいいかもしれません



 前衛がしっかりしている前提だとはおもいますが、わたしの場合は殴り始めてから3分以内に倒している感じでした
 一番はやいときは、弱点でかたまってくれたというのもあるのですがスタン2回うったらおわりました(連環の意味がなかったというw)

と、まぁこんなところです。
スタナーとして最短でスタンをうてる赤を起用しているシャウトもききますので、その際に学がどう動くのはちょっとわかりませんが多分、上記作戦と同じようにスタンでサポートするか、撃てる魔法で弱点をさぐるかのどちらかだとはおもいます

学者での全体としての注意点は

・オーラ用にある程度強化スキルをあげておく
・スタンの命中アップ、リキャスト短縮のために、アパマジャⅡ(雷の魔命杖)があるとよい
・スタンのリキャスト短縮のために、AG2足があるとよい
・連環計の効果時間延長のために、AG2+2(オグメ付き)脚があるとよい
 (どちらかというここれは水晶龍より新ナイズルで役に立つものですが)
・スタンのリキャスト短縮のためにヘイスト装備、FC装備またはそのような効果のあるアート
 マがあるとよい
・スタンは黒や赤でなれているひとは普通にうてるとおもいますが、慣れていないひとはいきな
 り水晶龍をやるのは危険だとおもいますので、ログのフィルターや、マクロ等ミミズ相手にし
 っかり勉強しておくとをお勧めします
 (余裕で倒せるのはスタンでしっかりとめられているからですので、スタンをミスると壊滅
  することもあるようです;;)

こうやって羅列していくと、学の装備をしっかりそろえるのもなかなか大変かもしれませんねw


闘うためのトリガー取りも含めてなかなか面倒な敵ですが、とりあえずハイアリンハットがとれるまでは私も頑張ってみようとおもいます!


テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

未分類 | 05:49:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad